ラブラドール、アズキ。

12年前、我が家にやってきた黒いラブラドール。
生まれて2ヶ月くらいだったかな、黒猫のように小さかったっけ。
抱っこすると、なんか壊れちゃいそうなくらいか弱い感じで。

犬を飼いたい、と小さい頃から思ってて、
やっとその願いが叶ったのは大人になってから。
実家はお店をやっていて、家に庭がなくて犬なんて飼えません!って。
あの頃は家の中で犬を飼うなんて考えはなかったもんなー。
庭がない = 犬は飼えない
もう、どうにも親を説得する術などなかったな。

大人になって、やっと犬が飼える状況が整ったのは結婚してから。
長い道のりでした。
相方も犬好きで、しかも大型犬好きで良かった。
大型犬にも種類が色々あるけど、やっぱりラブラドールだよね、と意見が一致。
なぜ「やっぱり」だったかは不明だけど、ラブラドールで決まった。

家に来た時は猫みたくちっさかったアズキも
12年の月日がたった今は立派な老犬ラブラドール。
真っ黒だった体毛も口周りはかなり白髪が出て真っ白に。
同じようにこちらも白髪が目立つ歳になっちゃった。

12歳というのはラブラドールのような大型犬にとって高齢なわけで、
いずれ来てしまうであろう、お別れの時を考えずにはいられない。
あと、アズキとの時間はどれくらいあるのか。

まだまだ元気なアズキをみてると、この毎日がいつまでも続くような気がする。
ずーっと、朝散歩に行って、ごはんあげて、また夜散歩に行って。
ごはんにカミカミおやつをあげて、いびきをかいて眠るアズキをみながら
こちらもそろそろ寝ますか、っていう普通の毎日。

永遠に続いてほしい。
けど、永遠には続かない。

ラブラドール、アズキとの生活。
いままでの12年間と、これからの大切な時間。

今までいっぱい写真をとってきたのを見返しながら、
アズキのことを書き留めていこう。

なんだか湿っぽくなっちゃうね、いかん、いかん。
また明日、元気に朝の散歩に行きましょう。
アズキとの普通の毎日を大切に。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です