アズキとメラノーマ 2

今後のアズキの治療方針を決めなきゃいけない。
どうすれば、一番アズキにとって幸せなのか・・・。

ただただ、長生きしてほしいからと、
無理な治療はすべきでない、と思っています。

15歳まで・・なんて勝手に思っていたけど、
12歳11ヶ月の今現在まで生きてくれてるだけで、
もうホントに感謝以外のなにものでもでもない。

悪性黒色腫(メラノーマ)
口に出来た腫瘍はそのままにしておけば、
段々と大きくなり増えていき、
その後、口を塞ぐほどになってしまい、
食べ物飲み物が取れなくなり、やせ細っていってしまう、らしい。
餓死に近い、というか・・。
ネットを検索すれば、そんな状態になってしまった
ワンコの画像が出てきます。
それは・・・、とても厳しい状況です・・。

食べるために生きてるようなアズキ。
食べ物が食べられなくなっちゃうなんて・・・。
なんとか、食べられる期間を長くしてあげたい。

でもそれには手術をして腫瘍を取るしかない。
全身麻酔。
そんな大手術、13歳になろうとしてる
高齢のアズキに受けさせていいのか。
そんな大手術にアズキは耐えられるのか・・。

抗がん剤だけ、というのは、あまり期待できないそう。
あとはガンに効く、とされているサプリを飲ませる、とか。
でも、先生はサプリはほぼ効かない、
気休めにはなるかもしれないが、とのこと。

どうすればいいのーーーー!?!?!?
先生がこの治療法が一番、と言ってくれればいいのに、
言ってはくれないのです。
「よく考えて」としか。

病院から帰ってから、相方と話し合いました。
色々、話ました。
とにかく、アズキが一番幸せに寿命を
まっとうできるものはなんだろう、と。

結果、・・・・・・

決められなかったのです・・。

やっぱり手術は怖い。
今はまだ全然元気なのに、手術をすることによって
かえって弱ってしまったり、
全身麻酔に耐えられず、
そのまま・・・ってことだって考えられます。
腫瘍だけでなく、顎の骨まで取る、というような情報も
ネットにはありました。
そんなの・・・怖いです・・・。

でも、そのまま治療をせず、
腫瘍がただ大きくなっていくのを
見ていく勇気もないのです・・。
食べたいアズキが、食べられない状態になるのを
受け止める勇気がないのです・・。

駄目飼い主だ・・・ほんとに・・。

決められなかった結果、決めました、
・・・というのも変な話ですが・・・。

手術する!とはまだ決められないけど、
手術する方向を考えて、手術できるかどうか
とにかく検査する、と決めました。

メラノーマはすごく進行が早く、
転移するもの、らしいです。
腫瘍をとっても、また同じ場所に再発することが多く、
リンパや特に肺に転移する。
腫瘍を発見した段階ではもう転移していることが多く、
その場合は手術を見送る、とうことが多いようです。

なので、とにかく、今、アズキの体に
何がおこっているのかを知る意味でも、
血液検査とレントゲンをとってもらうことにしました。

先生に電話で知らせると、
「早い方がいいので、来れるならすぐ来て」と。

5日の月曜日に「メラノーマ」と告知され、
その夜、今後の治療法を相談し、決められなかったけど、
検査はしたい旨を6日の火曜に先生に連絡し、
次の日、7日に検査することになりました。

腫瘍を発見した4日から、数日しかたってないのに、
もう随分日が経った気がします・・・。
世界が変わってしまった・・・当たり前にしていたことが、
当たり前ではなくなった・・。
アズキとの散歩も、これからもずっと続くと思っていたけど、
そうじゃなくなった・・・。

漠然といつかはお別れ・・と思っていたけど、
もう、はっきりと、
アズキとはお別れすることになるんだ、と
思いしらされました。

毎日、泣いてしまいます。
気をゆるすと涙が出てきてしまうので、会社で困ります・・。
いつも目が充血してるので、
「・・・結膜炎かしら?」と思われてるかも。
もうすぐ花粉の季節だから、
「花粉症で・・」と言い訳できるかな。
・・・・どーでもいいことだけど。

アズキは変わらず元気で、メラノーマなんて
怖い病気におかされているなんて思えない。
まだ・・・何かの間違いじゃ、とどっかで思っている自分。
変わらないまっすぐな目でこっちを見ているアズキを見ると、
また涙が止まらなくなるのです・・・。

“アズキとメラノーマ 2” への2件の返信

  1. 辛い決断ですが手術は出来るだけ行った方が私も良いと思います。放射線治療も少しでも可能性があるなら選択をすべきと思えます。どうかアズキが病気が善くなりますように・・・。レイのパパより

    1. レイのパパ さま

      コメントありがとうございます。
      アズキのことを気にかけてくださって、とても嬉しく思います。
      放射線治療、私も調べて見ようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です