やらなくなったこと

昔の写真を見ていたら、そういえば・・・。

以前はよくやっていたことを、気づけば最近やらなくってたんだ。
前後の足を真っ直ぐのばして、腹ばいになってったけな。
お腹を冷やしたかったから、
冬はあまりやってなかったような気がするけど、
家でも外でもよくやってたんだよなぁ。
のびーーーって。

散歩途中でそれをやられると、
よく笑われたったっけ。おもしろい格好ですねって。

ラブラドールは股関節の病気が多い犬種らしいけど、
動物病院の先生には、この格好ができるなら
その心配はないよ、と言われてたっけ。

いつ頃までやってたっけ。
いつ頃からやらなくなったんだろ。
最近のアズキはのびーーーーって全然やらない。

人も子供の頃の方が体がやわらかい。
大人になるとかたくなって、
子供の頃に出来ていたことができなくなってたり。

そういうことなのかな、アズキも。
体がかたくなってきた、ってことなのだろうか。
以前のように、足をまっすぐのばすのは
体がきついんだろうか。

前足はまっすぐのばすことはあるけど、
後ろ足は横ずわりって感じ。

なんだかさみしい気もするけど・・・。

歳をとるってことは、そういうことなんでしょう。
今までとは違うことになってくる。
受け止めたくないと思っても、受け止めなくちゃね。

のびーーーってしなくなったアズキも
のびーーーってしてた頃と変わらず、というか
その時以上に可愛いくなってます。
老いてますます、ですな。

子犬は本当に可愛くて、
子犬時代が一番可愛いのでは?って思っていたけど、
そうでもないんじゃない?とアズキに教えてもらってる。
子犬の可愛さと、老犬の可愛さ、愛しさは、
まぁ、別物かもしれないけど。

老犬を可愛い、愛しいと思うのは、
老犬になるまでの時間を一緒に過ごしてきたからなのかしら。
その経験、その時間がそう思わせるのかな。
散歩で見かけるおじいちゃん、おばあちゃんワンコ達、
アズキを思うのと同じような気持ちになります。
ああ、頑張ってるなぁ、いつまでも元気でね〜、と
見ず知らずのワンコ達に思うのです。
アズキが来て間もない頃はそんなこと思わなかったけどね。

アズキみたいに、歳を重ねるごとに可愛くなりたいものです。
私たちも可愛いじーちゃん、ばーちゃんになれるでしょうか。
どうでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です