ワクチン接種

気づけばまた一ヶ月経ってしまった・・。
梅雨も明け、毎日暑いです、ホントに。
まだ7月。
夏はまだまだ続きます・・・。

アズキの、1年に一度のワクチン接種を先週末受けてきました。
合わせてウンチ、オシッコも検査してもらって、
結果、問題なし、安心しました。

ついでに肛門絞りもしてもらいました。
先生曰く、「すごく溜まってるなー」とのこと。
いっぱい出たようで、先生の手にかかっちゃってました・・・。
アズキ、スッキリしたことでしょう。

毎年思うこと。
夏が去年より暑くなってるんじゃないの!?って。
ここ近年の夏の暑さは尋常じゃないです。
アズキの散歩も厳しいです、この暑さでは。

年々、散歩の距離は短くなり、
今年の夏、今までで一番短くなってる感じです。
アズキの足取りも、過去最高?のスローペース。
この夏の暑さのせいもあるでしょうけど、
こんなに歩くのが遅くなっちゃったのか・・・と、
なんだか切なくなります。

アズキと同じ歳くらいのワンコと散歩で会うと、
飼い主さんとの会話は皆同じ、
「ホント、歩かなくなっちゃって・・」と。
「脚のためには歩いた方がいいと思っても、
どこまで歩かせていいか迷っちゃう」
「あと何年一緒に散歩できるのかな、とか思っちゃって
悲しくなるんです・・・」などなど。
老犬の飼い主さん、皆さん同じようなことを感じてるんだなー。

今を大切に。
それはわかっているけれど、色々と考えちゃう。

ワクチンを打った時、
アズキの首にイボっぽいものが出来てることを先生に話したけど、
もう無理に取らない方がいい、と。
極力、アズキの体に負担になるようなことはしたくない、と
先生は言ってました。

アズキの今を受け入れる、ということですね。
歩くのがゆっくりになったのなら、
距離が短くなった分、ゆっくり散歩をすればいいだけのこと。

私自身も、すでに夏バテ気味ですが、
アズキと一緒に、今年の夏をなんとか乗り切りたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です