朝の散歩ができるシアワセ。

先月末から姉に代わり、親の介護担当になって、
なんだかんだと忙しい日々が続いています。
まだ、通いの介護でなんとか凌いでいますが、
それに合わせてこちらの生活サイクルを変更せざるをえません。

朝早く実家に行かなければいけなくなったので、
アズキとの朝の散歩に行けません。
私が行けないからと言って、
アズキの朝の散歩自体を休むという訳でなく、
相方にお願いしているのですが。

毎日毎日、雨が降らない限り、ほぼ毎日、
朝アズキと散歩していた普通の日常。
特別なことが起こることもなく、
ただ淡々と歩いているだけの朝散歩だったけど、
それが、いざ、出来なくなると、なんとも言えない気分です。

時間にしたらほんの2、30分なんだけど、
その朝の時間が自分にとっては、
思っていた以上に重要、っていうか、
意味ある時間だったんだなーと思う、というか。

出来なくなってみて、初めてわかる大切さ、でしょうか。

まぁ、永遠にこれから朝の散歩はできません、ってことでもなく、
週末は出来る訳だし、また来月、姉と介護担当を交代すれば
アズキと朝散歩する日常が戻ってくるんだから
大袈裟、って言えば大袈裟だけど。

介護担当で、朝の散歩が出来ない今の状況が永遠には続かない、
というのと同じように
アズキと朝、散歩できる日常も、永遠には続かない、
ということを意識しているからなんでしょうね、
なんか大袈裟になっちゃうの。

有限であることをわかっているから、
一日のアズキとの散歩を大切にしたい。

とは言え、親の介護を投げ出す訳にもいかず。
気持ち的にはアズキを取りたいけどね、
(なんつー娘だ!って言われそうだが・・)
現実は、なかなかそうもいかないのです。

そんな日々のなかでも、介護施設のおかげで、
昨日は久々、アズキと朝一緒に散歩できる時間がとれました。
まだ肌寒いけど、冬の寒さとは違う朝、気持ち良かったー。
アズキも久々の私との朝の散歩で足取りも軽く・・・
なんてことはもちろんなく、いつも通りに歩いて、ウンチして、
何の問題もなくいつもの時間に散歩は終了。
アズキにとってはいつもの普通の散歩、
私にとってはとてもいい気分転換になりました。

今日からまた朝の散歩は相方任せです。

親とアズキのこれからのこと、
色々と、心ふさぐことが多そうですが、
なるべく、明るく前向きになれそうなことを探しつつ、
日々過ごしていきたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です