誕生日ケーキの予約もなんだか大変

今月はアズキの12歳の誕生日月。
毎年、アズキと一緒に写真をとっています。
そして、誕生日と言えば、そうバースディケーキ。
毎年買っていまーす。

犬も食べられるっていうケーキもペットショップとか
ペットフード専門店にあるようですが、そういうものではありません。
アズキは食べられない、人が食べて美味しいケーキです。
アズキの誕生日なんだけどね。
アズキの誕生日にかこつけて、
誕生日ではない私たちがケーキをいただいてるわけです。

毎年、事前に予約をします。
予約時に聞かれることは、日時、そしてサイズ。
ここ何年かは一番小さいので、と答えています。
4号ってサイズになるのかな。
アズキが若い時、というか、私達がもっと若かりし頃は
もうちょっと大きなサイズでも二人でペロリと平らげていました。
積極的に、おっきいのにしちゃう!?って、
1サイズ大きいのを頼んだりしてました。
おっきいことはいいことだ、っていうね。

アズキも歳をとり、と同時に私達も歳をとって、
ケーキの大きさに対する意欲が低下してきた、といいましょうか、
胃がおっつかない、とでも言いましょうか。
大きいことより、味重視、になってきました。
その点アズキの食欲は衰えしらず、若い頃と同じで、
うらやましい限りです。

そして、大体こう聞かれます。
「ロウソクは何本お付けしますか?」
「・・・じゃぁ5本で(5歳の時は)」とか答えていたりしましたが、
ロウソクに火をつけて、ハッピバースデー、アズキ〜、
とかまではやらないのです。もらっても結局捨てちゃうだけ。
そして、ここで5本で、とか7本で、とか言っちゃうと、
ケーキ屋さん側は、ロウソクの本数から
お子さんの誕生日だな、と思うわけです。
そうなると次に聞かれる
「プレートにお書きするお名前ですが・・・」ってのが、困るんです。
「・・・アズキで・・」とバカ正直に答えていた時もありました。
「!?アズキちゃんですか?」と聞きかえされることが多かったような・・。
「・・変わった名前の子だな・・」と思ったか、
察しが良ければ「あ〜、ペットの誕生日にケーキ、ね・・・」と、
冷たい目で見られていたのかも・・。

まぁ、どう見られたって、どうだっていいんですが。
色々面倒なので、最近は
「ロウソクは?」「いりません」
「お名前は?」「書かなくて結構です」と答えています。
これも「せっかくの誕生日ケーキなのに、なんか冷たい人ね・・・」
と思われてるようで、どうなんかしら、とも思ったり。

どう見られたっていい、と思いつつ、
何やってんだか・・・って感じ。
ケーキの予約だけで、色々と思い巡らせることが多くて・・・。

今年はどうしましょうか。
もうそろそろ決めないとなー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です