ラブラドールを家に迎える

今から12年前の5月、黒いラブラドールの子犬がうちにやってきました。
まだ3ヶ月にもなってないくらいだったかなぁ。
猫くらいの大きさで、目がクリクリしてて、本当可愛かったー。

ペットショップ、からではなくて、
知人の紹介で警察犬訓練所の方からゆずっていただいて。
黒いラブラドールの女の子が産まれたら連絡ください、とお願いして、
どれくらい待ったっけ?半年までは待たなかったような。
でも、連絡がくるのがすごく待ち遠しかったー。

黒、って色はそう迷うことはなかったな。
相方も私も黒いものになぜか惹かれるっていう黒好きだったし。
イエローも可愛いけどね、多頭飼いできるなら、
ぜひイエローもって思うけど。

で、悩んだのが性別。
なぜか漠然と犬って男の子、のイメージがあったんだよなぁ。
スヌーピー、とか?名犬ラッシーとか???古い?
相方が飼っていたのも男の子だったし、
最初は男の子を飼うつもりでいたんだったっけ。
でも、家の中で飼うなら女の子の方がいいわよ、と忠告が・・・。
へ?そうなの???まじで???

犬を飼うのは家の中っていうのは決めていたんだけど。
そっか、性別によるおしっこのことはあまり考えてなかったよ。
男の子は壁にひっかける。女の子は座ってする。
なるほど。
ペットシーツを床に敷いておけば、女の子なら事足りるけど、
男の子の場合は壁にもペットシーツを張り巡らせないとならないなしい。
実際のところ、男の子を家で飼ってる方がどうされてるのかわからないけど、
やっぱりそれは大変だな・・・。

うちの場合は、家飼い、共働きで留守がち、なので
トイレのことを一番に考えて、女の子に決めました。
女の子は男の子に比べ、やさしい顔つき、やさしい仕草、な気がするな。
今では女の子でよかったと思ってます。

男の子、女の子、それぞれの良さがあるし、
どっちがいい、っていうのは人それぞれ、ですね。
もし、アズキが男の子だったら、やっぱり男の子で良かったーーーって
言ってたはず。

黒い女の子のラブラドールを家に迎える、と決めて、
早く、早く産まれないかと心待ちにしてました。

待ちに待った黒いラブラドールの女の子が家についにやってきた!!
夢にみた、ラブラドールとの生活が始まるんだーーー!!!

・・・夢にみた生活と、現実の生活はかなり、というか、すごくギャップのあるものだったのでした。。。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です