変化・食事編

食いしん坊の代名詞、のようなラブラドール。
食が細いんです・・・ってラブちゃんには会ったことがない。
アズキも、まさにこれぞラブラドールってくらい
とっても食いしん坊です。

一番好きなことは、もちろん食べることでしょう。
散歩も大好きだけど、いつも散歩の後にゴハンだから、
散歩に行かなきゃゴハンにならない、ってことで
散歩 = ゴハン ってことになっていて
散歩が好き、なのかもしれない。

食いしん坊だけど、自分の好きなようには食べられいのがワンコ。
アズキもしかり。
基本1日2回のゴハンだけです。
朝は私たちのゴハン時にりんごを少しもらい、
夜はカミカミおやつをもらいます。
野菜、果物以外はなるべく人間の食べるものはあげないよう
気をつけています。たまにパンとか相方があげちゃってるけど。

12歳になるアズキ。
年齢的にはもう老犬ですが、フードはいまだに成犬用です。
アズキの体重は25kgほど。見かけはどんくさい感じですが、
肥満体ではありません。標準、かな。
なので、まだ成犬用を食べています。

動物病院の先生曰く、
「肥満とか、体重、内臓的に問題がなければ老犬になったって
成犬用のフードで問題なし。成犬用食べてた方が元気だよ。
人間のじーちゃんばーちゃんも、肉が好きって方が元気だろ?」
と、なるほど、と言えるような言えないようなことをおしゃいます。
なので、動物病院から買っている同じフードを
ずーっと食べています。

シニア用を食べてるから、どんどんシニアっぽくなっちゃう、
なんてこともないでしょうし、
シニア用を食べてどんどん元気になるワンコも多いことでしょう。
飼い主さんの考え次第、でしょうね。

ここ、何年かはフードをお湯で少しふやかしてあげています。
いつだったか、検査の結果で、今よりもっと水を飲ませた方がいい、
というようなことを言われたことがあって。
その方法として、フードにかけて一緒にとらせるといいよ、と。
フードがふやけて、カサが増すので、アズキはうれしい、のでは?
でも、柔らかくなるので、歯石がつきやすいという欠点もあるようだ。
メリット、デメリット、これも考え方次第ですね。

アズキは昔も今も快食で、毎食残さずきれいに食べます。
食欲だけは、まったく衰えしらず。
食べるスピードも若い頃とおんなじ、早食い健在です。
食事に関して、一番、年齢による変化がないかもしれませんね。

一度くらい、お腹いっぱい好きなだけ食べさせてあげたい、
とも思いますが、アズキの健康を思うと、こわくてできません。
胃が破裂したって食べ続けそうですもん・・・。

腹八分目、心がけねば。
と、自分にも言い聞かす・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です