変化・散歩編

当初から今も変わらず1日の散歩は、
朝、晩の2回です。
雨が降ったらお休み。

アズキが来て、しばらくはワクチンがまだだったりで
散歩ができない期間がありました。
やっと散歩が解禁になって、
夢だったラブラドールとの散歩にココロが浮かれたものです。
うれしくって、ついつい長々と歩いてしまい、
ちっちゃなアズキの肉球の皮が剥がれちゃったということが。
大反省でした。
ワンコは、痛い、も疲れたも言葉にしない、っていう
当たり前のことですが、あらためて実感したものです。
こちらが気をつけてあげないといけないのです。

朝と晩、2回という回数は変わりませんが、
歩く距離はだいぶ変わりました。

何段階踏んだかは忘れましたが、
徐々に短くしていきました。

特に夏の散歩でのバテ具合が
歳とともに顕著になってきた感じです。
夏、朝はなるべく早く、夜は遅くなってから散歩に行きますが、
それでも暑さにバテバテです。
バテてるアズキに、じゃあ、もう帰ろうか、と
夏を迎える度に散歩の距離が短くなっていったような。

どれくらいが適度な距離なのか、難しいところです。
今の時期など暑くない季節は足どりも軽くどんどん歩きます。
1時間だって歩けちゃうくらい。
でも、脚の負担を考えると、歩けるだけ歩かせていいのかどうか。
でもでも、歩かないと脚が衰えちゃう気もするし・・。
難しい・・・。

今、アズキは前脚がほんのちょっと、
気づかない人は気づかないくらい、片方を引きずる感じがあります。
病院で診てもらったりしましたが、原因はわからず。
特にアズキ自身が痛がってるようではないし、
歳も歳だから、いろいろ出てくるよ、ってことで
処置せず、経過観察中です。
痛みがあるようなら、歩くのを嫌がるだろうけど、
アズキはどんどん歩きます。
今よりひどくならないといいんですが・・・。

アズキは今も昔も散歩が大好きです。
散歩に行きたい、とクゥーンクゥーンと切なく鳴きます。
アズキとの毎日の散歩が、距離は短くなっていこうとも
これからもずっと続いてほしい、と思っています。
歩こー、歩こー、アズキはー元気ーーー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です